11月22日 第8回 自死遺族等の権利保護シンポジウム を開催します

11月22日(金曜日) 第8回 自死遺族等の権利保護シンポジウム を開催します

日時 2019年11月22日(金曜日)
   15時00分~18時00分
会場 衆議院第二議員会館 多目的会議室
100-0014
東京都千代田区永田町2丁目1-2
東京メトロ/有楽町線、半蔵門線、南北線 永田町駅 徒歩約5分
東京メトロ/南北線 溜池山王駅  徒歩約8分
東京メトロ /千代田線・丸の内線 国会議事堂前駅 徒歩約5分

第1部 基調講演
佐々木 央
 共同通信編集委員。青森県むつ市生まれ。82年共同通信入社、福井支局、仙台支社を経て89年社会部。97年、神戸支局。異動直後にいわゆる酒鬼薔薇事件が起きた(文芸春秋2015年5月号に「家裁決定全文」を掲載)。99年に本社に戻り教育や若者の問題を取材してきた。
 初任地には東尋坊があり、自死の記事を多く書いた。取材対象である教育分野では子どもの自死が大きなテーマであり、振り返ると、記者人生を通じて自死の問題に深く関わってきた。著書「未来なんか見えない」、編著書に「岐路から未来へ」、動物園の生きものを取り上げた連載「生きもの大好き」は12年(約600回)継続中。

第2部
中原のり子 氏 遺族より

第3部
報告 十年を経て

どなたでも参加できます。入場無料・事前予約不要
入口に係の者がおりますので、入館証を受け取って下さい

法律問題のシンポジウムは今年度、徳島市12月・沖縄県1月・郡山市3月でも開催します

皆様のご参加お待ちしております

詳しくは 090-5835-0017 田 までお問い合わせください

一般社団法人 全国自死遺族連絡会

自死遺族等の権利保護研究会

会場への地図です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL